忍者ブログ
いや、まぁ…題名の通りですよ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空は無事究極進化してエクスモンに。

あれだ

暗鬼丸の話やりたかったんだけど

打ち切り内容で一気にこの回で終わらせます


なんと言ってもつまらないから!

書く気無くしたから!




デュークモン「ようやく出てきたか…全員で4人だな。」

セツ「大地は?!」

デ「人間界に帰って行ったさ。あそこは特別キツイからなぁ…自分に誇りが持てなくては勝てない。」

空「あいつは誰よりも誇りを持っていたはずなのに…何で…」

デ「終わってしまったことは仕方がない。ZEXのところに行くぞ。」

愛「デュークモンと言ったな。そのZEXはどこにいる。」

デ「あっちから教えてくれよう。そろそろ来る頃だ………そら、来たぞ。」

空「何だ、あれは?!」

セ「プログラム達の……大群?!」

愛「蹴散らしてくれる!」

セ「戦うぞ、みんな!」

海「俺を忘れてもらっちゃ困るな。」

セ&空「海斗!!」


全員究極進化。


デ「ファイナルエリシオン!」

大群のほとんどが消え去った。そのうちに行くことにした。

デ「先ほど聞かれた質問に答えようか…」

みんな「?」

デ「ZEXの居所。それは我らロイヤルナイツのみが入れる、聖なる空間。その名をホーリー。」

セ「ホーリー……」

空「どっかの部隊みたいな名前だな。」

海「だが、ロイヤルナイツしか入れないんじゃ、俺たちは無理だろう?」

デ「だからこのデュークモンが道を開く。お前達は心配をしなくていい。」

愛「フン。こいつらと行動を共にしていたら、俺が腐るわ。」

セ「何?!」

愛馬「デュークモン。俺も一緒に戦ってやる。」

暗「じゃあ俺も……戦うとするか。」

デ「フン…素直じゃぁ無い奴らだなぁ…まぁいい。さあ、早く行け!」


そしてセツ達はZEXの元にたどり着いた…

セ「ZEX!なんとしてもこの計画をやめるんだ!」

Z「何のことかわからんな。もし私が実行している初期化プログラミングならば、やめさせるわけにはいかぬ。」

空「お前は何故、こんな事をする!」

Z「プログラムが増えすぎたためだ。だから一度初期化し、全てを元に戻さなくてはならない!」

海「お前のやっていることは間違っている!」

Z「そうか。わかってくれぬなら、私はお前達を異分子として排除せねばならない。お前達は、元の世界に帰るんだ。」

???「ZEXよ、こいつらを元の世界に返すことは否定しない。しかし、あなた自身も初期化されるべきだ。」

Z「その声……アルファモンか!何故お前がここに!」

ア「何故といわれても、あなたをこの世から消え去るために、としか言いようが無い。」

Z「勝てると思っているのか。」

ア「俺だけじゃぁないよなぁ、オメガモン。」

オ「無論だ。」

Z「オメガモン!?貴様まで……」

ア「そういうわけだ。お前達は、俺が元の世界に返す。心配するな。この世界は、無くなる。ZEXもいなくなる。お前達は、人間界に行けば、記憶を抜かれてしまうだろう。だが、それでいいのだ。」

セ「よくねぇよ…バリモンとも知り合ったばっかでお別れなんて……そんなの納得いかねぇよ!」

バ「セツ……僕らは、データになったとしても、君たちをきっと覚えている。そしてまた会えるはずさ。」

セ「バリモン……」

オ「それじゃぁ、もう時間がない。外にいるお前の仲間も、人間界に送るから安心しろ。」

空「じゃぁね、ボウモン…」

ボ「少しは女らしくしてくださいよ、空さん。」

海「シグモン…」

シ「何も言わなくてもわかってるよ、海斗。」

ア「アルファインフォース!」

そして、セツ達は人間界に戻された。

Z「アルファモン。オメガモン。お別れの時だな。」

ア「そうだな……食らえ!デジタライズオブソウル!」

オ「オールデリート!」


こうして、この世界は消え去った。


セツ達の冒険もまた、終わった
PR
デブ。それは


何だろうか。


太っていること。ともいえる


しかし、筆者が太っていないのでどうにもできない。


大「死ねっ」


筆「うるさいわボケ。お前もういなくなっていいよ。」


そんな感じのこの話。



???「おうおうやっと来たかぁ。待ちくたびれてしまったぞ。」

大「誰だ!」

???「まぁ、名乗る程でもないが、名乗るのがお約束なんでな。俺の名前はインペリアルドラモン。誇りを賭けて戦おうじゃないか。」

大「いいぜ!早くやろう。」

イ「戦うの俺なんだよ?わかってるの……?」

大「頑張れ、イシモン。」

「イシモン超進化!メテモン。」


筆者「書いててつまらないからこの辺で終わっていいかな?」

大&イ「「マテエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!」」


イ「メガデス!!!」

メ「ぐはぁぁぁぁぁっぁぁああ」

大「くっ……強い。」


イ「ふぅ……つまらんな、お前の本気はそんなものか。」

大「何だって?!」

イ「そうだろう?お前は、自分では何もしようとしない。しかし、メテモンに戦わせて、ただひたすら頑張れと声をかけているだけ。そんなのがつまらないといっているのだ。」


大「くっ……」

メ「大地を……悪く……言うな。」

大「メテモン?!」

メ「大地がいるから、俺は戦える。大地がいるから、強くなれる。それなのに、大地を悪く言うなんて、許さない!」

イ「では示して見せろ!お前の覚悟を!誇りを!強さを!」

「メテモン、究極進化!アースモン。」


イ「では私も本気でいこう。モードチェンジ!ファイターモード!」

ア「アースブレイク!」

イ「ギガデス!」


…………


イ「……私の勝ちだな。早々に立ち去れ。それとも強制送還がいいか?」

大「……俺たちじゃダメなのか…?」

イ「ダメだからこういう結果になったんだろうな。」


大「……orz」


洞窟を歩くと言うよりも、道路を歩いているような、そんな音。


そんな音がする中に、セツがいた。

セ「結局、バリモンに戻ったなぁ…」

バ「仕方ないよ、そういう仕様なんだから。」


開けたところに出た。どうやら、次の敵らしい。


???「ほう、ここまでこれたか……たいしたものだ。」

セ「誰だ!」

???「俺の名はカイゼルグレイモン。好奇心の守護者だ。ここを通りたくば、俺を倒してからいけ。」

バ「俺たちは急いでいるんだ!早くしないと、この世界が…」

カ「知っている。だが安心しろ、この洞窟は、時間の流れが違う。外で1分経つと同時に、ここでは1日が経過する。つまり、お前達がここに入って、まだ1日も経っていないんだ。外では1分も経っていないさ。」

セ「なるほど。安心したぜ。用意はいいな、バリモン!」

バ「余裕!」


「バリモン進化!チャクモン!」


カ「それがお前の全力ならば、その力を見せてみろ!」

カイゼルグレイモンの剣がチャクモンに襲いかかる。しかし、
チャクモンはそれを紙一重でかわし、電撃を放った。

バリバリバリバリ!!!

カ「フン、肩こりが治るぜ。」

セ「そんな!」

チャ「やっぱり究極体には究極体じゃないとダメなのか……?」

カ「何をぼさっとしている!そんなことでは一生勝てんぞ!」

カイゼルグレイモンの剣がチャクモンに当たる。

セ「チャクモン!」

チャ「くっそぉ……こいつ、強い……」

セ「諦めるな!お前はまだ、究極体に進化できる望みがある!究極体に進化できないなんて思うな!俺もお前も、いつも諦めないだろう?二人、一心同体でこいつを倒そうぜ!」

チャ「一心……同体?」

セ「そうだ!いつも俺たちは一緒に戦ってきた、これからもそうするんだ!」

チャ「……わかった!」


「チャクモン究極進化!ズースモン!」


カ「……これは?!あいつのパートナーがいない?!」

ズ「二人で…戦うんだ。」

カ「何にせよ、究極体になったことには変わりない……か。ならば、それ相応で受け答えよう!」

ズ「マキシマムボルト!」

カ「九頭竜陣!」

二つの必殺技がぶつかり合い、そこに立っていたのはズースモン。
カイゼルグレイモンは言った。

カ「もう、動けねぇな……お前達、よくやった。この先へすすめ。外へ出られる…。」

ズ「ありがとう。あんたも強かったよ。」


ズースモンはセツとバリモンに分離した。


~第十九話終了~
暗「何故インプモンの受けた傷が俺にも……」

イ「どうした?」

暗「いや、何でもない。」


ム「切り捨て御免んんんんんんんんんんん!」


イ「ぐっはっ!」


暗「うぁ……」

イ「お前……何故黙っていた!」

暗「心配をかけたく無かったからなぁ……貴様に。」

イ「そういうことは、ちゃんと言え!お前の優しさかもしれない。だが、ふさぎ込んでたらいつまで経っても俺がお前を分かれない!」

暗「フン………わかったよ。これからはちゃんと言う。だから一緒に戦おう。」

イ「一緒に……?」

暗「そうだ、一緒にだ。」

イ「わかった。」


「インプモン、究極進化!ベルゼブモン!」


ム「ムッあの人間がいない……?」

ベ「共に戦おう……」

ム「切り捨て御免!」

べ「ダークネスクロウ!」

ム「うわぁぁぁぁぁぁっぁあ!」


ベ「フン……」


ム「よく……やった。次へ進むがいい。」


ベ「言われなくても進むさ。」



~第十八話終了~
四天王の一人、暗鬼丸

一人、洞窟の中を彷徨っていた。


暗「何時まで続くのだかな…この洞窟は。」

パートナーのインプモンは口を開かない。

イ(俺だけ……四天王の中で成熟期になれてなかった……)

暗「……敵だ。」


???「おぬし、ここに入ってきた者だな?歓迎しよう。我が名はムシャモン。この、暗の門番だ。」

暗「なるほど。貴様を倒せば俺は答えを見つけることができるのだな?」

ム「何のことかわからんな。だが、私を倒せばお前は先に進めるぞ。」

イ「こんなの早く倒してやる!」

ム「できるのか?成長期の貴様に。」

イ「できるさ、やってやる!」

ム「食らえ。切り捨て御免!」

イ「うぐっはっ!」

暗「インプモン?!………うぁ?!」

イ「くそ………負けてたまるかよ……」

暗「これは……インプモンの受けた傷が、俺にも?!」


~第十七話終了~
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 ネサラ]
[03/10 ネサラ]
[02/05 ネサラ]
[02/01 ネサラ]
[01/31 ネサラ]
最新TB
プロフィール
HN:
あいぴー
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1991/11/13
職業:
高校一年生
趣味:
何か
自己紹介:
暇なときに徒然に書いていきます
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]