忍者ブログ
いや、まぁ…題名の通りですよ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「母さん、ビール出してくれ。」
父親が言った。
「自分でやりなさい。今おかずつくってるの、見てわからない?あ、ケイヤにやらせちゃ駄目よ。」
母親が返す。
「へいへい…。」
「そういえば、ケイヤは?」
「多分、まだ考えているんだろう。俺たちが魔法使いになったのと同様に、な。」
「…どういうこと?」
「…芽が出た。あいつは、俺と同じだ。血かね、やっぱ。」
父親は少し感慨深く言った。

翌朝、ケイヤは父親に自分が何者なのか尋ねた。自分で考えてみてもイマイチピンとこないという。
「そりゃあお前。魔法使いに決まってんだろ。」
「…そういうことじゃなくて!」
「帰ったら話すさ……かあさーん!お出かけのチューして~!」
「誰がやりますか!息子もいるのに!」

ケイヤは学校についた。
屑切はまだ来ていない。
新垣は、長かった髪をバッサリ切っていた。
新垣がケイヤに話し掛けた。
「昨日は、ありがとう。」
「えっ…ああ。」
「あなたは何者?最初はウェポナーかと思った。けど、召喚術を使った。」
「俺もそれに関しては困ってる。召喚術なんて、使ったことなかったから…」
新垣は顔をしかめた。
「使ったことがなかった?どういうこと?」
「いや、だから…」
そういうことを話していると、屑切がやってきた。
「よう。」
「き、昨日はどうも…」
屑切は右腕を振り上げた。
ケイヤは少し身を畏縮させた。
「かっはっは!お前は大した奴だ!」
呆然としているケイヤの左肩には屑切が振り上げた右腕が乗っている。
「たとえ精霊の力であろうが、この俺を吹き飛ばしたんだ!それに、人間の精霊なんざ今まで見たことがない!」
「は…はぁ。」
「新垣だっけか。昨日はすまなかったな。何、強そうな奴をみると血が騒ぐのさ。性ってやつか?」
「…そう。」
新垣は素っ気なく言った。


ん~微妙

まぁいっか!次、次!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アニメは微妙らしいな…というわけでメルブラやろうぜ!!
ネサラ 2008/02/05(Tue)08:18:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 ネサラ]
[03/10 ネサラ]
[02/05 ネサラ]
[02/01 ネサラ]
[01/31 ネサラ]
最新TB
プロフィール
HN:
あいぴー
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1991/11/13
職業:
高校一年生
趣味:
何か
自己紹介:
暇なときに徒然に書いていきます
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]