忍者ブログ
いや、まぁ…題名の通りですよ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吹き荒れた風。吹き飛ばされた斧。
そしてそこに立つ、双剣を持った一人の少女。
「誰だぁ…?てめぇは?!」
「我が名は『ストレイト・ウィア・ゼーカ』。知らなければ覚えておくがいい。」
「知るか!貴様は今ここで死ぬんだ!」
再び斧を創り、屑切は襲いかかった。
少女は二つの剣で斧を支え、剣から風を放ち屑切の体ごと斧を吹き飛ばした。

「諦めろ。貴様ごときでは私には勝てぬ。それとも、まだ向かって来るならば、どこまで飛ばして欲しい?」
「ぬぅ…」
屑切は帰っていった。
ケイヤはただ呆然としていた。
「…お前…何者だ?」
ケイヤは質問した。
「私は貴方に召喚された精霊。ウィアとお呼びください。私の使命は貴方を御守りすること。」
「俺に呼び出された…?何のことだ?俺はウェポナーだぞ?サモナーでもないのになんで召喚なんかできるんだ?」
「私には分かりません。魔法に関してあまり詳しくないので…お役に立てずすみません。」
「いや、そんなにかしこまらなくても…」
新垣は逃げたようだ。気付いた時にはいなくなっていた。
ケイヤはとりあえず家に帰ることにした。
召喚された精霊は術者が戻すか魔力切れを起こさない限り、現世にとどまり続ける。
ケイヤの魔法の師は父親の慶樹である。そのため、わからないことがあった場合ケイヤは父親に聞いている。
「なぁ親父、俺ってウェポナーだよな?」
「いや?」
「…は?」
「いつか言おうと思ってたんだけどな。お前ウェポナーじゃないんだよ。俺と同じさ。」
「…今日、サモナーみたいに召喚をした。なんで、召喚できた?」
「そりゃお前。なんでって、創造者(クリエイター)なんだから召喚だってできるさ。召喚契約はお前が幼い頃やらせてもらった。お前実は凄い奴だぞ?」
「創造者ってなんだよ?アンタ、何隠してんだ?」
「ま、その辺はおいおいだな。騎士の精霊は姿隠せるけど別に出してもいいぞ?どうせ人間の格好なんだし、他人にはわからん。ま、とどめておくにも魔力いるから、戻すのが無難だな。」
姿を消していたウィアが出てきた。
「マスター、あの方は何者ですか?一発で隠れた精霊を見抜くなど、並大抵のことでは…」
「俺の…親父さ。不思議な人だよ。」

がーんばったよおれ

ねるよ。ねむいから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
よく知らんが今度はフェイトパクったんだろ?wwwww
ネサラ 2008/02/01(Fri)15:02:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 ネサラ]
[03/10 ネサラ]
[02/05 ネサラ]
[02/01 ネサラ]
[01/31 ネサラ]
最新TB
プロフィール
HN:
あいぴー
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1991/11/13
職業:
高校一年生
趣味:
何か
自己紹介:
暇なときに徒然に書いていきます
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]